最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

訃報

  1. 2013/09/14(土) 23:06:16|
  2. レコード&CD|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
SPレコード界の重鎮クリストファー・N・野澤先生が8月13日に89歳で逝去なされたそうです。合掌。

クリストファー・N・野澤氏略歴
1924年4月、戦前からの貿易会社野澤組の社長の次男として生まれる。第二次世界大戦開戦前まで両親と共にロンドンに滞在し、サー・ハミルトン・ハーティなど往年の名演奏家の実演に直接触れる。もちろんモーリス・マレシャルなど来日演奏家公演も小学生時から多数体験。
名古屋帝国大学卒業。名古屋大空襲では瓦礫で半身生き埋めとなったが辛くも助け出され、九死に一生を得る。
 戦後は清泉女子大(中高でも)にて英語と生物学を教え、定年まで勤める。
さらに創立間もない上智大でも生物学の教鞭をとっており、渡部昇一氏も教え子の1人。
音楽の趣味、およびコレクションは、戦前のロンドン、ニューヨークで多くを聴いてきた両親譲りだが、戦争で一旦灰燼に帰し、現在のコレクションは戦後ご自身で集め直したものだったという。
ライフワークは「日本洋楽史」研究。ストリング誌に「日本洋楽史」を連載。
ロームやグリーンドア、ウィングディスク、エクストン(没後)などに多数のCD企画がある。
アマチュアヴァイオリニストであり、珍しい本格派口笛奏者でもあった。
戦後ずっと住んでいた中野のマンションは生家跡に建てたもの。

7年前まで神保町富士レコード社の企画により神田小川町で毎年、SPレコードコンサートを行う。
「夜の仕事だから疲れて本当は嫌なんだけどねえ」と言いながらも毎回うれしそうに務め上げていた。
会費500円と、会場の上島珈琲の珈琲代にしかならない富士レコの出血大サービスで、毎回30名くらいの愛好家が集まり大盛況であったが、三省堂自遊時間店の改築と共に自然消滅。
http://hasaoka.dtiblog.com/blog-entry-14.html

<<  グリーンドア新譜  |  ホーム  |  正に人間バイロイト!  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hasaoka.dtiblog.com/tb.php/1421-6428ed65

DTIブログって?