最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

飯守泰次郎のシベリウス

  1. 2013/07/13(土) 00:12:30|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
東京フィル定期の飯守泰次郎指揮シベリウスプログラム
凄い演奏会でした。

まず前半は意外なことに交響曲第2番。

ω□-□ω
( 皿 )<シベ2はつまらん

もちろん私もそう思ってたんですが、これほどの演奏を聴かされるとねえ……
50分近い遅いテンポで重厚に細部まで鳴らせ切ってました。
単にドイツ的と言うんでなしに金管も最強奏させてましたから。
こんなシベリウスは初めてだあ。もしCD化されたら屈指の名盤になるでしょうね。

ω□-□ω
( 皿 )<そりゃ聴きたかったな。

東フィルだからFMでやりますよ
飯守泰次郎の演奏にはシティとのブルックナー4あたりからこういう異様な演奏(威容?)が目立って来ましたが、こんな名演をただ個性的というのも愚かな感じです。
クナッパーツブッシュ的というか、クレンペラー的というか
特にあの息の長いクレッシェンドは独特ですねえ。飯守クレッシェンド?
まるでブルックナーのように自然界の森羅万象が語りかけてくる感じ

ω□-□ω
( 皿 )<飯守泰次郎の巨匠性が真に開花したといえよう

まだ全部が全部、そうなってはいないけれど、こういう演奏が飯守泰次郎の真骨頂というか本性なんでしょうね。やはりベーレンライター新版のベートーヴェンは一過性のものに過ぎなかったわけです。
まあ今の世にこういうフルトヴェングラーやクナッパーツブッシュに直接つながるような巨匠的な演奏は飯守泰次郎にしかできないかもね。

ω□-□ω
( 皿 )<うまく鳴らしさえすれば2番が一番感動的だったんだな。

シベリウス指揮者って皆ショボイ人ばかりだからこういうベートーヴェン以来の交響曲の王道ともいうべきスケール雄大な定型を持った名曲はうまく鳴らせないのかも。

ω□-□ω
( 皿 )<この年になって初めてシベリウスの神髄を知ったといえよう

後半は堀米ゆず子のソロによるヴァイオリン協奏曲とフィンランディア。
後者は合唱入りでした。これも凄かったなあ。
そしてアンコールには日本語版合唱入りでコーダを

しかしこの合唱部分は至純の優しさの極致ですね。ゼンタの救済みたいで。
ロシアの圧政に対し愛と赦しで応えるみたいで実にいいです。
千年も恨みを忘れないなんて言ってるバカな民族とは大違いだな。

ω□-□ω
( 皿 )<だがリムは良いぞ

まあ100万人に1人は天才が出るんですね


「美味しんぼ」に日本兵に兄を虐殺されたアメリカ人が「息子のトムにこのことは教えていません。日本人をずっと恨むようになっては困るからです」という話があった筈ですが、設定はともかくいい話ですね。おそらく雁屋の原作にはなく漫画家が勝手に改変したのでしょうが。

知り合いの売国政党に所属する21エモンみたいな顔した政治家が下町の在日居住区で新たに火のない所に煙を立てようとしてるようですね。フェイスブックで叱りつけてやりましたが。
そんなことをしていったい何になるんでしょう?今は静かに暮らしてる人かもしれないのに、日本人を千年も怨み続けるぞって、言わせたいわけ?
そんな人間と誰も仲良くしませんよ。第2の新大久保騒動を起こしたいのかなあ?お互いが不幸になるばかりです。
同和問題でも馬鹿な教員がやってましたけど。
やはり今度の参院選では売国政党には大敗北してもらって雲散霧消してもらわなければ。
<<  木村徹&干野宜大ピアノデュオリサイタル  |  ホーム  |  みたままつり  >>

コメント

ご無沙汰です。

長らくご無沙汰、申し訳ありません。シベ2といえば俺らの世代では「シベリア超特急2」ですが(すみません、冗談です。)、第2交響曲って、とっつきやすいのかな?などとも思ってしまいます。「フィンランディア」には思い出が少々。高校1年の吹奏楽コンクールのときの自由曲として演奏したのです。(ちなみにオイラはホルン担当、楽器歴3ヶ月でした!!!人が少なかったのです・・・・。)大管弦楽で聞くと、また感動がひとしお、でしょうねえ・・・。

 ではまた!!
  1. 2013/07/14(日) 18:37:47 |
  2. URL |
  3. 巨匠亭ぶるぶる。 #y62mbUoY
  4. [ 編集]

シベリウスの魂の叫び

お久しぶり。シベ超ですか。
宇野珍大先生の指揮に匹敵する水野さんの名(迷?)演技が光ってましたねえ(笑)
確かにシベ2はとっつき易いです。でもそれだけにすぐ飽きてしまいますね。
以前、尾高の指揮で聴いた時、つまんない曲だなあと思って以来聴きたいとは思いませんでした。
ところが飯守泰次郎の演奏では聞こえて来たんですね。シベリウスの魂の叫びが!
フィナーレの光彩陸離たるコーダの最後でしたが、ヴァイオリン協奏曲の第1楽章で2度だけ出てくるのに近かったです。
改めて名曲だなあと思いましたよ。

フィンランディアはコバケンで散々聴きますが(合唱入りも!)12日のは別次元の演奏でしたね。
  1. 2013/07/15(月) 00:29:17 |
  2. URL |
  3. 巨匠亭家元 #N/NwU84c
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hasaoka.dtiblog.com/tb.php/1388-59d13813

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2013/08/06(火) 02:25:46 |

DTIブログって?