最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

魚が出てこなかった日々

  1. 2013/07/21(日) 20:15:43|
  2. 政治・社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
4年前の夏の8月の終り、巨匠亭であの空虚な政権交代について
書いたことがありますが、だいたい当たっていたようですね。
その後、女系天皇論とか原発談義とかについても色々書きましたが
有名論客より当たっているつもりです。

そして今日遂に参院選となりましたが、さすがにこれで民主も消滅でしょう。

ω□-□ω
( 皿 )<橋下は猪木にビンタしてもらった方がいいな

自民圧勝で、全く無意味な除染も次第に行われなくなるだろうし、
避難者の故郷への帰還も徐々に実現するでしょう。
あとは原発再稼動ですが、山本太郎も当選しそうだし。

ω□-□ω
( 皿 )<コイツはいつ日本を脱出するんだ

このままずっと居てオオカミ中年として煽り続けるでしょねえ。

ω□-□ω
( 皿 )<放射能が来るぞー

あの雑誌は珊瑚新聞の発行だからなあ
ホントは皆わかってるんですよ。何事も起こらないって。
まあ売名と商売がうまく行って良かったね(笑)
6年間食いっぱぐれしないし。今後はオウム成金とかエイズ成金のようになるでしょ。

この分だと全機再稼動は遠い先の話でしょうねえ。
あれだけの地震、あれだけの事故にも関わらず、環境にはほとんど影響がなかったのに。

ω□-□ω
( 皿 )<いったい、魚はいつになったら出てくるんだ

20世紀に世界中で行われた2000発もの核実験。あの大量の放射性物質はいったいいずこへ?
まあ全世界に拡散して薄まり無害なものになってしまったんでしょうね。
海水中には45億tものウランが溶け込んでますが、あまりにも濃度が低すぎて経済的に取り出すのは不可能。そのうちウラン235は0.7%程度ですから3千万tくらいでしょうが、これが1億tくらいに増えてもたいしたことはありません。
地球の巨大さを理解しておられない方が多そうですが、今地球に存在する放射性廃棄物だって極端な話、全地球に均一に拡散してしまうことができれば何の影響もありませんよ。ウラン235が1億t溶け込んだって大丈夫なんだからね。それどころか人類が過去100年で取り出した核物質ってせいぜい数万t程度だと思うけど、全ての核燃料バラまいても均一に拡散してしまえばほとんど影響ないでしょう。なんたってウランみたいな放射性の金属元素はレアメタルなんだからね。
バカがCGで捏造してる汚染地図の画像みたいなことには決してなりませんよ。放射性元素は細菌兵器と違って増殖したりしないんだから。

まあこれでダイオキシンや狂牛病のように次第に風化してゆくと思われますけど、
放射脳、即ち脱原発原理主義者がこれだけいると時間がかかるでしょうねえ。

ω□-□ω
( 皿 )<環境ホルモンも人心撹乱物質だったといえよう

みたままつり

  1. 2013/07/16(火) 00:36:14|
  2. 政治・社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

西尾先生の講演会の帰りに靖国神社のみたままつりに行ったら
今年はなんと小林よしのりの献灯がありませんでしたね。
そろそろ安倍首相参拝ハンターイとか言い出すかな?

ご存じ松本零士とちばてつや

なっちゃんです。不肖の師匠はいなくなっちゃたのにね

ω□-□ω
( 皿 )<いえよう

な、なんと猫ひろし!今はカンボジア人の筈なんですが。



アントキの猪木。本家は怪しい人だって今やバレバレなんですけど

ω□-□ω
( 皿 )<僕も本物より上だぞ


靖国神社です

山田直稔(イチロー)

遊就館内の展示からさかもと未明

田母神さん

小泉元首相

[ みたままつり ] の続きを読む

飯守泰次郎のシベリウス

  1. 2013/07/13(土) 00:12:30|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
東京フィル定期の飯守泰次郎指揮シベリウスプログラム
凄い演奏会でした。

まず前半は意外なことに交響曲第2番。

ω□-□ω
( 皿 )<シベ2はつまらん

もちろん私もそう思ってたんですが、これほどの演奏を聴かされるとねえ……
50分近い遅いテンポで重厚に細部まで鳴らせ切ってました。
単にドイツ的と言うんでなしに金管も最強奏させてましたから。
こんなシベリウスは初めてだあ。もしCD化されたら屈指の名盤になるでしょうね。

ω□-□ω
( 皿 )<そりゃ聴きたかったな。

東フィルだからFMでやりますよ
飯守泰次郎の演奏にはシティとのブルックナー4あたりからこういう異様な演奏(威容?)が目立って来ましたが、こんな名演をただ個性的というのも愚かな感じです。
クナッパーツブッシュ的というか、クレンペラー的というか
特にあの息の長いクレッシェンドは独特ですねえ。飯守クレッシェンド?
まるでブルックナーのように自然界の森羅万象が語りかけてくる感じ

ω□-□ω
( 皿 )<飯守泰次郎の巨匠性が真に開花したといえよう

まだ全部が全部、そうなってはいないけれど、こういう演奏が飯守泰次郎の真骨頂というか本性なんでしょうね。やはりベーレンライター新版のベートーヴェンは一過性のものに過ぎなかったわけです。
まあ今の世にこういうフルトヴェングラーやクナッパーツブッシュに直接つながるような巨匠的な演奏は飯守泰次郎にしかできないかもね。

ω□-□ω
( 皿 )<うまく鳴らしさえすれば2番が一番感動的だったんだな。

シベリウス指揮者って皆ショボイ人ばかりだからこういうベートーヴェン以来の交響曲の王道ともいうべきスケール雄大な定型を持った名曲はうまく鳴らせないのかも。

ω□-□ω
( 皿 )<この年になって初めてシベリウスの神髄を知ったといえよう

後半は堀米ゆず子のソロによるヴァイオリン協奏曲とフィンランディア。
後者は合唱入りでした。これも凄かったなあ。
そしてアンコールには日本語版合唱入りでコーダを

しかしこの合唱部分は至純の優しさの極致ですね。ゼンタの救済みたいで。
ロシアの圧政に対し愛と赦しで応えるみたいで実にいいです。
千年も恨みを忘れないなんて言ってるバカな民族とは大違いだな。

ω□-□ω
( 皿 )<だがリムは良いぞ

まあ100万人に1人は天才が出るんですね

[ 飯守泰次郎のシベリウス ] の続きを読む

木村徹&干野宜大ピアノデュオリサイタル

  1. 2013/07/01(月) 00:09:38|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
共に、知る人ぞ知る日本を代表するヴィルトゥオーゾピアニストである2人の達人が初共演。かたや木村徹、こなた干野宜大。木村は第3回新人音楽コンクール1位や第1回音楽現代新人賞優秀賞を受賞したこともある実力者であり、干野の恐るべき実力と最近の活躍ぶりは改めて語るまでもないだろう。前半はまず干野がプリモでモーツァルト/2台ピアノのためのソナタニ長調K448。2人の達人の才気煥発ぶりを聴くにはうってつけの演目だけに、まるで会場中を転げ回るような賑やかで自由自在な演奏となり、盛り上がると丁々発止、火花を散らす快演が展開された。次は木村がプリモに入りラヴェル「ラ・ヴァルス」が採り上げられたが、これまた実に瀟酒な雰囲気のある練れた名演となっていた。
 後半は再び干野がプリモでブラームス/2台ピアノのためのソナタヘ短調。さらにアンコールのみ仲良く連弾でハンガリー舞曲第20番と第4番を。(6月30日、カワイ表参道コンサートサロンパウゼ)

DTIブログって?