最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

関野直樹ピアノリサイタル〜古典からラプソディへ〜

  1. 2013/04/24(水) 04:06:00|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
日大芸術学部卒業後ハンガリー留学、リスト音楽院でリストを学んだ本格派、若きヴィルトゥオーゾ関野直樹がリサイタルを開いた。前半はまずベートーヴェン/月光ソナタ。しっとりとした情感に富んだ1楽章をはじめやや線は細いが超特急のフィナーレなどなかなか聴かせた。続くハイドンのピアノソナタニ長調はホーボーケン37番のもの。これはスピード感がありすぎ技巧が空回りする感じで愉悦がこぼれ落ちてしまった。次はヘンデル=リスト編曲「アルミラ」からサラバンドとシャコンヌで、この種の作品に内在するリストの宗教性を見事に構築し得た名演。
 後半はまずハンガリーの新鋭ファルカシュ・ガーボルが友情出演、ガーシュイン「ラプソディー・イン・ブルー」を2台ピアノ版で。挨拶後、最後も得意のリスト。ハンガリー狂詩曲第3番と第2番が採り上げられ、後者はホロヴィッツの編曲版だったが、どちらもピアノを轟然と鳴らし切り演奏効果満点。(4月23日、東京文化会館小ホール)

DTIブログって?