最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

紀尾井シンフォニエッタ東京第89回定期演奏会

  1. 2013/04/21(日) 04:01:58|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
待望のライナー・ホーネックが一昨年に引き続きKSTの指揮台に登場。ウィーン古典派の3人の大作曲家の作品を取り上げた。前半はハイドン/交響曲第88番ト長調「V字」。昨今は巨大な空間でピリオド奏法による小編成オケを聴かされるという馬鹿げた風潮がまかり通っているが、中ホールで聴く優秀な室内管による古典派交響曲は格別。提示部反復、質実剛健で実にチャーミングなハイドンだ。ホーネックはラルゴでは指揮棒を持たず、より柔軟な表情を見せたが、緩徐楽章にも関わらずトランペットとティンパニが入るもう一つのビックリ交響曲故か、仮借ないダイナミックな表現にも優れており尻上がりに高潮した名演となった。さらに弾き振りでベートーヴェンの「ロマンス」第1番と第2番も。
 後半は「V字」の1年後にモーツァルトが完成した究極の古典派交響曲「ジュピター」。これまたアマデウスの豊かな感情表現を余す所なく伝える実にバランスのいい名演。(4月20日、紀尾井ホール)

DTIブログって?