最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

2013オーケストラの日

  1. 2013/04/01(月) 01:11:07|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今年も耳に一番いい日!3月31日オーケストラの日がやって来た。完売御礼の大入り袋も出た会場の五反田ゆうぽーとでは11時からオーケストラ広場がオープン。在京12楽団が集結し、盛り沢山な無料イベントが開催中。午後1時からはゲネプロ公開もあったが、メインプロは飯森範親指揮オーケストラの日祝祭管弦楽団の演奏で、今回は飯森自身の企画による「運命」尽し、ダダダダーンの運命主題に関連する名曲が集められた。
 まずはもちろんベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調「運命」。提示部のリピートはなく、第1楽章コーダの最後では一瞬、スビートピアノしてからクレッシェンドしていくなど、表現意欲たっぷりな熱演が展開された。
 後半はまずワーグナー「ローエングリン」第3幕への前奏曲が演奏されると、第1回オーケストラの日の司会も務めた山田美也子が登場し、以降司会&進行役を担当。飯森とのトークも板に付いている。次はそのものズバリのヴェルディ「運命の力」序曲があり、再びトークを。そしてマスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲、メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」から結婚行進曲が演奏されると、三たびトーク。続いてチャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調「悲愴」より第3楽章が採り上げられると、何とあの映画「リトルマエストラ」の主演女優有村架純がスペシャルゲストとして登場。飯森らとのトークの後、有村が映画同様エルガー「威風堂々」第1番を指揮した。最後は飯森が「威風堂々」の歌詞入り全曲版を指揮。満員の聴衆の熱唱による日本語版「希望と栄光の国」が場内を満たした。(3月31日、五反田ゆうぽうとホール)

DTIブログって?