最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

ベートーヴェンはやっぱり

  1. 2012/12/31(月) 10:50:15|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
さて大晦日は恒例のすご過ぎるベートーヴェン、いやベートーヴェンは凄いに行ってきます。
でも今マエストロは体調が悪いですからね。無事に終わるのを願うばかりです。

最後に「第九番」を振ろうと舞台に出て来たコバケン。
指揮台には立ったものの苦痛に顔を歪めるマエストロ。ふと後ろを振り返ると、愛弟子山田和樹の顔が……
手招きするコバケン。
自分の顔を指差し「オレ?」という顔をする山田さん。そして舞台に引っ張り上げられると、タクトをマエストロから受け取り、振り始めるとか。

ω□-□ω
( 皿 )<ストコフスキーかよ

残念ながら今、山田さんは日本にいないようです。
安心して後を託せる指揮者もいないようだし、何とか無事終了して欲しい

山田和樹斎藤秀雄メモリアル基金賞受賞!

  1. 2012/12/26(水) 00:14:54|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日はソニービル地下のマキシムで行われた山田和樹さんの斎藤秀雄メモリアル基金賞受賞授賞式に行って来ました。
なんと世界の小澤から直接手渡し。

チェロ部門は石坂団十郎さんです。

最後にハイもう一枚パチリ
26日はアプリコでコンサートがあります。

瀬洩斉香&エマニュエル・シュトロッセデュオリサイタル

  1. 2012/12/24(月) 00:36:08|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
瀬洩斉香がその最も信頼するパートナーであるシュトロッセと共演。今回は「ブラームスへの憧憬」と題され、ブラームスの現存する3+1/4曲のヴァイオリンソナタの全曲が作曲年代順に採り上げられた。前半はまず若書きから。FAEソナタの一部であるスケルツォが演奏されたが、ブラームスの青春の疾風怒濤のような音楽を瀬韻覆蕕任呂侶磴靴さでを込め再現。だがどこか余裕すら感じさせる充実した名演となっていた。次の第1番ト長調「雨の歌」では一転、ブラームスらしい品格のある高雅な音楽をシュトロッセ共々奏でる。何故かフランスの室内楽奏者によるブラームスは弦楽六重奏曲をはじめ名演が多いが、パリ留学経験を持つ瀬韻肇侫薀鵐洪優團▲縫好箸箸離屮蕁璽爛垢盒望紊世辰拭
 後半は第2番イ長調と第3番ニ短調。いずれもこの作曲家らしい良い意味での中庸を得た表現だったが、端々で秘めたる情熱が迸った。アンコールも子守歌。(12月22日、JTアートホールアフィニス)

音楽現代新年号発売

  1. 2012/12/15(土) 18:18:38|
  2. レコード&CD|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

DTIブログって?

次のページ