最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

66年前の悲劇

  1. 2011/08/14(日) 00:35:20|
  2. 政治・社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
終戦のわずか二日前の昭和二十年八月十三日、国鉄総武本線成東駅でそれは起こりました。
午前11時40分頃、日本軍の高射砲と弾薬が積載された貨車がグラマンF6Fの機銃掃射により弾薬が引火し、激しく煙を上げ始めました。
駅長以下駅職員と九十九里沿岸防備の近衛第三師団近衛歩兵第八連隊範第三八二四部隊の将兵たちが必死に消火作業につとめましたが、運命の午前11時58分頃、弾薬を満載した貨車は大音響とともに爆発、消火作業に当たった駅職員、将兵、そして駅舎も貨車も全てが吹き飛ばされてしまいました。

JR東日本や県の偉い人も参列し、11時40分から簡素な献花式が始まりました。

JR東日本千葉支社長による献花

献花後、運命の11時58分から1分間の黙祷です

駅職員15名と将兵27名の合わせて42名が殉職。中には13歳の少年駅員、14歳の少女駅員など十代の若者が9名いたそうです。

[ 66年前の悲劇 ] の続きを読む

音楽現代9月号発売

  1. 2011/08/12(金) 00:11:39|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今月はお盆休みがあるので音楽現代9月号が早めに発売されました。

♪特集=60代以上の指揮者の魅力を知る〜指揮者にとって齢を取るということは?
♪特別企画=今秋来日するアーティストたち(2)〜弦楽器、器楽奏者、歌手、合唱団

私も特集記事を執筆しましたが、コバケン、飯守泰次郎、ネモG、そして……

うーん、大先生について何か書くのも久しぶりだなあ(笑)

ω□-□ω
( 皿 )<なんてことを書くんじゃ、ゴルア!といえよう

文藝別冊フルトヴェングラー

  1. 2011/08/07(日) 01:39:26|
  2. レコード&CD|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
いよいよ9月12日に河出書房新社から文藝別冊「フルトヴェングラー」(KAWADE夢ムック)が発売されます。

A5 ● 224頁
至高の指揮者 生誕125周年
定価1,260円(本体1,200円)
ISBN 978-4-309-97760-7 ● Cコード 9473

SACDの発売も相次ぐ。この人にとどめを刺す。バッハから近代音楽までの鑑賞・CD評から。片山杜秀インタヴュー、吉田秀和・丸山眞男対談(「クルト・リース『フルトヴェングラー −音楽と政治−』をめぐって」再録)など。清水宏氏によるディスコグラフィー(抄)付

ω□-□ω
( 皿 )<フルトヴェングラーならまかせてもらおうかといえよう

あと荻昌弘、篠田一士、遠山一行三氏の鼎談はかつて音楽現代誌上でなされたもので、音現ムック「フルトヴェングラー 人と芸術」にも収録されたものの再録です。
私も執筆しております。乞うご期待!

爆撃

  1. 2011/08/04(木) 00:04:52|
  2. 政治・社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
さっき私も西尾幹二氏のブログに書き込んで来ました。
http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=1053
さて?

SAPIO最新号では西尾氏を筆頭に小特集が組まれてます。
宮崎哲弥は正論9月号でさすがにいいこと書いてますね。
WiLL9月号で亡国マンガ家が今頃反脱発唱え出したのは様子見てたんでしょう。もう後がないから。
6月号の記述とはあまりにも違う。この二つを読み比べると面白いです。6月号では確かにマスゴミの作り出した空気を批判してたのに9月号ではそれに乗っちゃった!まるで天皇論と新天皇論みたい(笑)もう創作者としての良心のカケラもないんでしょう。すっかり職業的詐話師になっちゃったなあ。
「理性的」要求とは言い得て妙ですね。独自の主張もないし。
浜岡原発停止で企業が静岡脱出しようとするのを「理性的」と評価したりしてますが、そんなのただの損得勘定でしょうよ。静岡から一つ産業がなくなって沢山の人が職を失うのはまるで考慮しないのかな?さすが近代理性主義者(笑)それでいて自然への畏れっていったい?
まあ強引なバブル潰しで日本経済まで潰してしまった愚は繰り返して欲しくないものです。
もう完全に反体制アジテーターの1人になりましたね。完全なサヨクに逆戻り。
馬鹿は勉強すればするほど馬鹿になるといういい見本でしょうね。
そういえばこの御仁、昔、劣化ウランに関しても滅茶苦茶なこと書いてサンケイの桑原さんを誹謗中傷してたな。活字本だったけどね。
半減期に関してですが、強力な放射線をそんな長い時間出す元素はありません。無から有は生まれませんからね。放射線を出す=原子核崩壊です。ですから半減期が長いものは安定でほとんど放射線を出しません。逆に半減期が短いものは短時間で放射線を出して別の元素に転換してしまいます。まあその量にもよりますけどね。
微粉末や極微量の原子で半減期が変化するかどうかは特に研究されていないようですが、まあ小さいものほど堅牢だしこれほど小さいと安定元素は宇宙創世以来変化してないんでしょう。痕跡程度残存している放射性元素もあるわけだし、短くなったりはしないでしょう。
そして人体の中では1秒間に4000個ほどの原子核崩壊が起こっているわけです。そのほとんどがカリウム40だからベータ崩壊ですね。

あと「原発には愛がない」とかいう意味不明の言葉を宣う論客もいらっしゃいますねえ。
そんなこと言っても、愛があろうがなかろうが安価で安定した一番優れたエネルギー源を使うべきです。
よくサヨクが天皇という制度には愛がないとか言ってたんじゃないの?
身分差別と階級社会の源泉だとか言って。
古代には日本だって人民を奴隷のように使ったこともあったでしょう。
天皇だってそんなにいい人ばかりじゃありません。悪逆非道な人物もいましたよ。
これも愛があろうとなかろうと2500年続いた安定した制度を守るべきなのです。
原発行政とかで斑目とかの負の側面を強調しても仕方ないのと同じことです。
逆にエベレストなんて死亡率10パーセントの、死骸の転がってるような愛なき極北の世界に自ら進んで行く人さえいるんだから愛の有無なんて実はどうでもいいことなのです。

ω□-□ω
( 皿 )<僕の前に道はないといえよう

求道者は愛も道もない世界をたった一人で歩んでいかねばならないのです。
遠藤周作なんて若い頃、井上神父と一緒に船底の部屋で奴隷船同然の境遇でフランス留学に出発したそうだけど昔は今と違ってそういう時代だったんですよ。
あとこの方、勝手に福島原発周辺を数万年間(プルトニウムの半減期のことかな?)使用不能とか、永遠に失われた国土とか言ってるけど、自分の方がよっぽど愛がないじゃん!福島を汚染されたからって切り捨てるつもりなのかな?
おぼっちゃまくんにも困ったもんだよ。まるで殺された、殺されたって大袈裟に喚くサヨクみたいな感覚じゃない。よく見るとこの方、こばやしよしのりの若い頃そっくりじゃん!今後、竹田恒泰は明治天皇の玄孫ではなく、小林よしのりの弟だと思うことに致しましょう(笑)
まあ甘ったれたおぼっちゃまくんじゃ下積みで働いた経験なんてないんでしょうねえ。どんな業界でも最下層は似たようなもんです。今、正社員率が激減したって大騒ぎしてるんじゃないの?
そりゃよしりん企画なら愛があるから漫画家なのに従業員に健康保険やら退職金も準備してるようだけど普通の職場じゃ非常勤職員は簡単にクビ切られちゃいますよ。今や半分以上の国民がそういう立場にいるのに「原発には愛がない」だって(笑)
だいたいアスベストの作業場だって大差なかったでしょ。いや原子力利用の黎明期には科学者だって臨界事故で死んでるんだから上層部だって決して愛のある環境にいたのではなかったのです。
逆に今なら全マスコミの厳重な監視下にあるから、いたれりつくせりの環境で絶対障害の出ないような線量でしか作業させないし、お金の欲しい人にはひと稼ぎするチャンスかもね。
金を稼ぐのはそんな甘いもんじゃないですからね。一稼ぎしたいんだったらそのくらいはしないと。
それに今回除去作業してる人が将来何かの癌にかかったら原因を問わず、国や東電が治療費を全額負担してくれるでしょう。これは大きな特権ですよ。何でもいいから癌になったら訴訟さえ起こせば必ず勝ちます。全マスコミが味方してくれるから巨額の賠償金をもらえることでしょう。誰も文句はいいません。
マスコミが味方すれば弱者が特権階級になるというのはよくあることですからね。

どうもおかしいと思ったら、この方、大学で環境学なんてやってたんですね。
あの手の新興学問って、新興宗教みたいな胡散臭さがあるんですよ。
環境ホルモンなんてインチキだし、エコだかエゴだかようわからん環境ゴロみたいな人ばっかし(笑)
何せ開祖のレイチェル・カーソンが相当思い込みの激しい人だったからね。
システム生物学とやらもよくわかりませんねえ。児玉龍彦って私には頭おかしいとしか思えんけど
信者がだいぶいるようですね。

竹田氏の脱原発論は既に単行本にもなってるしあちこちで講演もしてるらしくネットにも色々上がってるけど、やはりサヨク系の人達とほとんど同じことを言ってます。この夏の電力供給は本当に綱渡りだと思いますけどねえ。
核兵器にはもっと根本的に愛が欠けていると思うけど、プルトニウムと高速増殖炉は残していいみたいだから何故か日本の核武装には積極的には反対しないらしいです。そういうものを実際に使用したり、威嚇に使ったりする方がずっと日本人らしくないと思いますけどねえ。もう小林よしのり並みのご都合主義の権化といえよう(笑)自分たちの陣営の核兵器は愛の核なんでしょうけど。この辺の感覚はサヨクと一緒。次はこういう愛のない階級社会を打破するために皇室廃止と主張しそうな気がするんだけど考え過ぎかなあ?
エネルギー不足が原因で企業がどんどん倒産して自殺者が何万人出ようとこういう愛の人は一切関知しないんでしょうね。
まあ桑原さん編集の正論増刊で劣化ウランによる放射能汚染について得々と説いてるんだからなかなか味わい深いものがあります。

私は第1原発周辺も遅くとも20年で使用可能になると踏んでます。もっとずっと早いかも。
プルトニウムは臨界事故を起こす危険性は非常に高いですが、α線しか出さないし体内に積極的に吸収されたりはしないので放射性物質としてはほとんど危険はありません。怖いのは微粉末を肺から吸い込んだ場合ですが、これもどの程度発癌性があるかは疑問ですね。
だいたい未だに一人として急性放射線障害の症状が現れた人はいないじゃないですか。
長靴履き忘れて汚染水に触れちゃった人を緊急入院させた時のNHKの映像は例によってヤラセだったしね。
私はテロップ読んだから練習時のものとわかったけど、あの皮膚が血まみれになった映像は焼け爛れたみたいでした。
あれじゃ完全に刷り込みだなあ。

ω□-□ω
( 皿 )<奇跡の詩人といえよう

DTIブログって?

次のページ