最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

飯守泰次郎のマルケヴィッチ版「第九」!

  1. 2010/12/29(水) 01:44:15|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今日は池袋で飯守泰次郎/シティフィルの第9がありました。
マルケヴィッチ版によるチクルスです。
良かったですねえ。今月聴いた「第九」じゃ最高だったかな?

奥さまが
>最近は倍管は本当にお目にかかれなくなりましたが、
>軽い演奏が主流になった今、かえって新鮮でしたね!?
とおっしゃってました。

特に第一楽章が極大のスケールで凄いと思いましたが、
クナの調子の良い時の録音がもし出て来たらあんな感じか?

やり放題!初めて飯守さんらしい「第九」を聴けたという気がしました。

終演後は楽屋に行き挨拶して来ました。
その時、根本さんの「第9」CDをお渡ししたら、
以前お渡した根本さんのDVDの感想をお聴かせ下さいました。

>根本さん(の演奏)は本当にいいね。凄いです。

それで「天才か狂人かと言われていた人なんですが、天才かも」と言ったら、

>いや両方でしょう。

とのことでした(笑)

ω□-□ω
( 皿 )<いえよう

ミラクルCD完成!

  1. 2010/12/23(木) 21:36:56|
  2. レコード&CD|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
遂に出来ました。

LBC-7771(レーベンバッハ)税込3000円。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3971609
http://tower.jp/item/2836562/ベートーヴェン:-交響曲第9番「合唱付き」
マスタリングもうまく行ったし、素晴しい出来ばえです。

ω□-□ω
( 皿 )<「第九」屈指の名盤といえよう

25日のチャリティーコンサートにいらした方全員にプレゼントされます。一般CD店の店頭に並ぶのは年末になってしまいそうです。なおもちろん日本フルトヴェングラー協会でも斡旋販売(会員のみ)しますので協会会員の方はそちらで買って下さい。
まあ大先生が堕落さえしてなければ、来年のレコードアカデミー賞大賞の最有力候補なんだけどね。

ω□-□ω
( 皿 )<根本の「第九」を聴いてまだ「第九」を振ろうとする指揮者がいたら僕はその人の顔が見たいといえよう

ω□-□ω
( 皿 )<僕はもう永久にこの曲は振らない。振れない!といえよう

これはいったい?

  1. 2010/12/20(月) 02:11:57|
  2. 政治・社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
さて「新天皇論」
あれだけ論破されまくった筈のヤクザの因縁レベルの内容がほとんどそのままになっているのは何故?
物量で押そうというのか? それともネットをやらない一般読者を舐めてるのか?
まあウソも百回つけば本当になるというところでしょう(笑)

まず「はじめに」から矛盾だらけ。
55ページ以降の小谷野氏との論争の先取りか、ロクに情報伝達手段を持たない明治以前の日本人も皆天皇をよく知っていたと言いたいようですが、 情報化社会に生きる現代の日本人でさえ皇位継承問題や女系天皇と女性天皇の違いをよく知らない人が多いと自らお書きなのにどうしてそのようなことが言えるの? だいたい帯には「われわれは何も知らない」と書いてあるし(笑)
つまらないアンケートじゃあるまいし単に天皇という言葉を知っているかどうかは重要ではありません。重要なのはその本質をどの程度理解しているかです。ここでは言葉だけ知ってるのか本質まで理解していたのかがはっきり区別されてませんね。ただイエスかノーかの二択じゃ何の意味もありません。
将軍家との君臣の分なんて既にフィクションだったんだし、江戸時代の天皇は大相撲の吉田司家くらいの役割しかなかったんじゃ?
今は何故か絶縁状態らしいけど皇室だって今後どうなるかは予断を許しませんよ。

そもそも江戸時代の庶民が、天皇を中心とする日本という国家意識を持っていた筈がないでしょ(笑)せいぜいお殿様のいる藩をオラがクニと思ってただけですよ。全国民が日本という国家の歴史を共有するなんて明治以降のことでしょう。天皇と近代国家日本の成立について、もっと勉強してから書いた方が良かったんじゃないの?
男系派を叩くと宣言した途端、こんな小谷野や高森との学者ごっこで丸ごと一章使うなんて連載時から変だなと思ってましたけど。まだ何も考えてなかった?
追撃篇って結局行き当りばったりだったのかな?

さらに「都という天皇に関わる伝統的な日本語の使い方を混乱させていい筈がない」だって?
自分なんて皇室にお家騒動を巻き起こそうとしてるくせに(笑)

そして「いま皇室は1500年来の危機に直面している」と宣っていますが、悠仁さまがいらっしゃる現在のどこが危機なのでしょう?
今時の子供は特に何もなければ普通に成長し結婚し子供を作りますよ。まあ愛子さまはわかりませんけど。
そして確率的にその子供の半分は男の子です。さらにその保険としての旧宮家の復帰があれば万全。
どこに文句がありますか?
35ページで今上陛下から逃げ回ってんのなんかまるでドラキュラが聖なるものを怖れているみたいですね(笑)まあ少しは自覚があるんでしょう。
コウモリといえば何か白っちゃけちゃって「蝙蝠を撃て」にソックリなマンガになってしまいましたねえ。いやオウムの「未来を開く転輪聖王」か何かみたいと言った方がいいかな?
今のこややしよしのりはまるで「ああいえば上祐」状態。
ミイラ取りが〜ならぬ「オウム取りがオウムになった」?
そいでもって高森が麻原彰晃で、田中卓という落ちた権威がハリボテのシバ神か?

それで何とかの一つ覚えのように小林が言う「600年離れている」も真っ赤な嘘。
明治帝、昭和帝も子女を旧宮家に嫁がせておられます。香淳皇后っていったいどこの家の出だっけ?今上陛下の実母なのに知らないとは言わせないよ(笑)血統上は現皇室と旧宮家は同族と言っていいと思います。女系容認の小林が何ゆえこのような嘘をつくのか?
600年前に分岐したのは男系の方ですが、これは徳川幕府で考えればすぐわかるでしょう。徳川は250年ちょっとしか持ちませんでしたが、御三家は最初から血のスペアとして設定され、基準はあくまでも創業者の家康ですから、その時代の将軍家から何世代離れようが全く問題にならないわけです。皇室の基準もあくまでも神武以来の男系継承。今上陛下の血統というわけではありません。600年というのは2000年近い歴史を持つ皇室では別段長すぎもしないでしょう。そして薄くなる血を補うため一族で婚姻を繰り返して来ているわけですね。

さらに小林のいう直系継承はそれだけでは安定継承は望めません。子供ができなければそれで終りですからね。皇太子御夫妻はやっとの思いで一人だけ子供ができたんですけどお忘れなのかな?
例えば「大草原の小さな家」の作者ローラ・インガルス・ワイルダーのインガルス家。ここは女系家族ですねえ。ローラには3人の姉妹と1人の弟がいました。でも弟は夭折。4人姉妹のうち子供を産んだのはローラだけです。そしてそのローラの2人の子も男の子は夭折し、女の子は有名な小説家になりましたが子供を死産するとさらに子供の産めない体になってしまいました。
ですから傍系継承を含めた男系継承の方が遥かに安定です。そもそも皇室において直系継承はとっくの昔に途絶えてしまっています。そのため皇統には直系も傍系もないという人が多いです。
一番重要なのは小林のやろうとしていることは皇位簒奪に他ならないということです。将来皇族が悠仁様お一人になるのは可哀想だから皇位簒奪して差し上げようとでも言うのでしょうか?

だいたい男系継承より安定継承の方が大事とは本末転倒も甚だしいのではないでしょうか?
ちょっと不安定だから男系継承を止めろ?どこの世界に君は死ぬ可能性があるから自殺しなさいと勧めるバカがいるのか(笑)

かくいう私もかつては皇位継承問題については無関心でしたがお陰で色々勉強させてもらい自分の考えを持つに至りました。出藍の誉れ?その意味で小林は反面教師としてはたいしたものでしょう(笑)
現在ネット上では新田均氏をはじめ、かつての読者、ファンたちが大同団結し、魔人プー?と化した小林を撃つための元気玉を作ろうと「気」を溜めてます(笑)
そういえばWiLL2月号では花田編集長自ら、やしきたかじんの「超天皇論」を採り上げておられますね。たしか花田氏が「本家ゴー宣」について言及されたことは一度もなかった筈。これはいったいどうしたことでしょう(笑)
驚いたことに43ページの花田批判もそのままですね。皇后陛下を失語症にした張本人の編集するWiLLに連載するとはどういう神経してんの?
こややしよしのりホントにボケてんのかなあ?
道理で反小林よしのりの右翼新聞に平気で寄稿する筈だよ(笑)

「あとがき」では「田中卓作成の武烈天皇の姉妹の記紀による書き分け表」が謎ですね。
そういえば谷田川氏の「ウソ詐欺大全集」の「碩学への批判は無知をさらけだす」で完全論破されてますが、渡部昇一氏の公開質問状中の、武烈天皇には「少なくとも3人の姉妹」がいたという記述を、武烈天皇の姉妹は『記紀』共に6人と書いてあるのになんだと、渡部氏をシロウト呼ばわりしたことが連想されますねえ。
案外気にしてんのかなあ。こややしよしのりって結構気が小さいんだなあ(笑)

小林よしのりの最後っ屁

  1. 2010/12/17(金) 23:13:06|
  2. 政治・社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
遂に出ちゃいましたねえ。天下の小学館からトンデモ本が!

うっかり近くのヨーカ堂で買うと小林の本がまた入荷してしまうので
楽天の通販で購入したためまだちょっと立ち読みしただけですが、こりゃヒドイ!
印象操作と得意のスカンク攻撃の雨アラレ

ω□-□ω
( 皿 )<何かオウムが書いたマンガに似てるなといえよう

ミイラ盗りがミイラになったというか・・・・・
まあ、あれだけ論破されまくった筈の内容がほとんどそのままになっているのは
物量で押そうというのとネットもやらない一般読者のレベルを舐めてんでしょうねえ。
世間には福岡伸一とかに簡単に騙されちゃう御仁が多いし。
ウソも100回つけば本当になる?

http://hasaoka.dtiblog.com/blog-entry-919.html#comment
で紹介した巨匠亭からの引き写しも111ページにそのまま載ってます(笑)

私は去年の8/22に尼の「天皇論」にレビューを投稿しましたが
http://www.amazon.co.jp/review/R3FCSF21C6UR04/ref=cm_cr_pr_cmt?ie=UTF8&ASIN=4093897158&nodeID=&tag=&linkCode=#wasThisHelpful
予言は見事に当たってしまったようです。

この本で重要なのは小林氏が何故あれほど執拗にY染色体論を攻撃するのかですね。
この理論によると小林氏の「600年前離脱」理論が完全に崩れさってしまうから恐れているのでしょう。
何となればY染色体は他の染色体とは異なり、基本的に対をなすX染色体とは交差せず、突然変異以外ではほとんど変化しませんから、現在も神武天皇のY染色体がほとんどかわらずに受け継がれているという理屈になります。
たかが600年くらい全然問題じゃありません(笑)

まともな学問なら突然別の分野からの手法が流用され取り入れられるのはよくあることです。
分子生物学しかり、生化学だってそうでしょう。
モーツァルト学なんて元々博物学者のケッヘルが創始したものだからケッヘルのカタログは植物分類の手法が使われています。
今やモーツァルト作品の年代鑑定ではプラートやらタイソンの筆跡鑑定とか紙のすかしの研究が主流になって来ていますが、音楽学者は誰も「カルトだ!」なんて文句言わないけど(笑)
要するに頭が固いんですね。
その点、新田氏は自分たちの研究と結果が一致するんで面白いと思がっておられるようです。
寛仁親王殿下も皇統のことはよくご存じだから採り上げたんでしょうね。
本当は新田氏だって三種の神器の箱を開けてみたいだろうし、古墳の発掘調査だってしてみたいでしょう。そういう「不敬行為」も学者なら当然のことです。

小林よしのりのように天皇の正統性の根拠を神話に求め、屁理屈を声高に叫ぶことこそ、不敬の窮みでしょう。シナ男系主義に何の意味があるのかとか、2000年近く続いて来た伝統を意味があるのか、といって否定する。

天皇は尊い。そして国民がそれを敬愛している。それだけでいいじゃありませんか。
そしてそれには天皇皇后の高い人格と徳が必要不可欠です。
それが崩れようとしているのが皇室の今一番の問題点であり、皇統断絶の危機などではありません

DTIブログって?

次のページ