最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

途轍もない「第九」

  1. 2010/07/26(月) 01:03:56|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
まさか、まさか、いや遂に、遂に。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
と書くも愚か。
もう言うことないです。
書いてもどうせ信用されないだろうけど。あんな「第九」聴いたことないよ。今まで聴いた実演、CD全てに圧勝でした。ほとんど超常現象の世界?聴いてる間中ずっと、マジで自分の頭がおかしくなったかなと思い続けましたよ(笑)

ω□-□ω
( 皿 )<フルトヴェングラー以来の名演といえよう

いやあフルトヴェングラーでも無理でしょ。まさかとは思ったけど根本さんホントに「バイロイトの第九」超えちゃったよ。リハの段階でこりゃコバケンも飯守泰次郎も危ないなと思ってたけどね。以前のCDは根本さんの言う通り実はあれでも不出来だったんだ!

まず第1楽章第1主題のまるでイナズマのような鮮烈さ!
各声部が絶妙にズレて何とも凄絶な響きが醸し出されるんですね。
心底、圧倒されました。金管とかティンパニを全然抑えないで炸裂させてるし。
リハで悪戦苦闘していた。提示部の小結尾の表現も以前のCD以上に決まっていました。
正に嘆きの極限ですねえ。神への訴えかけ?信仰告白?

ω□-□ω
( 皿 )<あそこはああでなくては!といえよう

300小節(もちろん旧版!)でリタルダンドしてなだれ込んだ再現部の
超弩級の迫力といいまさかここまで凄いと思いませんでした。
今の世にこんなにベートーヴェンの狂乱を表現できる指揮者がいるとはね。
正に破天荒な窮極の名演!
ことに第1楽章に関しては宇野功芳が夢見て遂にかなわなかった理想の第九といえよう。

ω□-□ω
( 皿 )<まったくだ。根本の「第九」を聴いてまだ「第九」を振れる指揮者がいたら、僕はその人の顔を見たいといえよう

他にも巨匠級の指揮者でなければ決してできない抉りに抉った表現が目白押し!
ラストはうーん。

ω□-□ω
( 皿 )<あれはクナッパーツブッシュに匹敵するなといえよう

まあ実際に残ってる映像ではやってないですけどね。ちょっとメンゲルベルクっぽいけどスメターチェクが日本フィルでああいうふうにやったのかな?根本さんも聴いてはいないだろうけど宇野本絶対読んでた筈だから。

ω□-□ω
( 皿 )<宇野ヲタは怖いなといえよう

と書いてもとても信用される筈がないから12月に発売される予定のCDを聴いてもらうほかないです。

あと根本さん今回はグリーンの僧服?に全身を包んでました。

ω□-□ω
( 皿 )<僕ならターコイズを選ぶぞといえよう

演奏会終了後の打ち上げで

[ 途轍もない「第九」 ] の続きを読む

遂に!

  1. 2010/07/24(土) 04:04:42|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
いよいよ明日です!
23日はオペラシティ地下の大リハ室で行われた根本昌明の「第九」のリハーサルを聴いて来ました。

初めにやったデムスとの「皇帝」には間に合いませんでしたが「第九」は全部聴けました。終ったデムスがにこやかに出て行くのは見ることができましたけど。
まだ厨房を覗いただけですが、やはり第一楽章提示部小結尾138小節以降の例の解釈には徹底的にこだわって木管のリタルダンドで悪戦苦闘してましたね。

ω□-□ω
( 皿 )<あれが根本の「第九」のキモだからなといえよう

コンマスの青木さんも実に熱心でした。
それで使用楽譜は何とブライトコプフ新版!
第1楽章再現部直前300小節のトランペットとティンパニも8分音符でなく新版の16分音符でしたがこれは本番では旧版に戻すかも。
今では注文すると普通はあれが来ますからまあ当たり前か。
でも同じ楽譜を使いながらスカスカでカサカサの「豚九」とは大違い!
朝比奈同様弱音が強めで随分豊かに歌わせてました。
あとはスケルツォ再現部冒頭でのテンポの動きが特徴的な表現ですね。
ティーレマンのバイロイトの第九でもやってましたが、あれよりずっと抉り抜いてました。
おそらく「第九」を聴き込んでる方が聴いたら

ω□-□ω
( 皿 )<やられたといえよう

と思うでしょう。
もちろんアダージョの「第九」で一番感動的な部分もたっぷり弾き込んでました。
フィナーレはだいたい普通に豊かで美しい表現を目指すようです。
ラストはうまく決められるかな?
既にテレビカメラも入ってましたね。
チケット売り上げは既に1200枚近いです。
当日券も200枚くらいは出ますので。

ω□-□ω
( 皿 )<「第九」はこれさえ聴けば他は必要ないといえよう

一週間前!

  1. 2010/07/18(日) 00:45:44|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
7/25の根本昌明の「第九」までいよいよあと一週間。
予想を遥かに上回る好調なチケットの売り上げ。
既に1100枚を超えたそうです。

おそらく当日までに1200枚は超えるでしょう。
当日券で完売か?
是非いらして下さい。

永久保存版

  1. 2010/07/14(水) 13:33:31|
  2. 政治・社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
小林尊師ますます怪調?
国際デマゴーグ誌SAPIOの最新号が出ました。
今回のゴー宣も凄いなあ。まるで北朝鮮で発行された雑誌みたい。
既にWiLLで言論封殺魔とは自分のことだと明らかにした小林よしのり氏ですが(ホントSAPIOにはアンチの投書が全然出ませんねえ。私のも没にされてるし沢山行ってる筈なんですけど。水島氏に反論させるというのはどうなったん?)あれでちゃんと編集のチェックが入ってるだって?呆れたなあ。

それで「ゴー宣」が思索・思想の作品???
おまけに「わしは勝ち負けよりも真理には忠実でありたい」だって!
よくもまあヌケヌケと。
やっぱりこの人最早、尊師以外の何者でもありませんね。

後半は易姓革命についてのスカタン話。
こんなのわかってないのアンタだけだよ。
以前、小林よしのりは「姓」とは何か全然わかってないのでは?
と言われたのでそのリベンジのつもりでしょうか?
必死で勉強したのかな。それでこの程度(笑)

そもそも以前の作品との整合性はどうつけるつもりなの?

わしズム12号(2004年9月発行)
こんなコペルニクス的180度転換、勉強したとか思索・思想の結果だ!だけじゃ誰も納得しないでしょう。
そうそう「徳無親王殿下に徳がないからといって廃太子して秋篠宮殿下に継がすなんて易姓革命だ」とか宣ってたのはいったい誰?
あれからまだ一年も経ってないじゃん(笑)

「ただし、例によって日本人はシナの制度を直輸入はしなかった」ってまた言う事が変わってらあ(笑)
たとえ「姓」じゃなくても苗字があるんだから女性天皇だと次の子供から婿の系統になっちゃうから困ると皆言ってるんじゃん!戸籍で辻褄合わせようとしても血統は変えられませんからね。

皇室は我々の家系と違って永久保存版なんです。

ω□-□ω
( 皿 )<国会図書館みたいなもんかといえよう

市立や区立図書館の本みたいに古くなったからといって入れ替えるなんてことはできません。
まあ司書にサヨクっぽい人が多いのは汚くなったら簡単にポイポイ本を捨てちゃうからかもね。それじゃあ伝統なんか育ちませんよ。

あと男系断絶時女系容認論てのは、言ってみれば金閣寺が炎上消失したから新しく立て直した。
みたいなもんですかね。そのまま無くなるのはあまりに忍びないから代替物を建てると。
或いは鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れたから何とか復元できないかとかね。
あっ、朱鷺が滅亡したから中国産で我慢するというのが一番似てるか。
横綱くらいならまだしも皇室まで外国産じゃなあ。
ヨーロッパならそれが当然でもねえ。


なんか今小林よしのりを叩いてる人って皆、元信者ばかりみたいですね。もちろん私もそうだけど(笑)

ω□-□ω
( 皿 )<どこかで聞いたような話だといえよう

結局ゴーマニズムとは共産主義みたいなものだったんでしょうか。
若い人は皆カブれるけど大人になると嘘がわかって皆卒業するとか。

それで今、新田氏を筆頭に元信者連が小林よしのりをただ叩いてるんじゃなく、ゴー宣を肴に必死で思索&思想してる真っ最中なんですね。

ω□-□ω
( 皿 )<これぞ出藍の誉れといえよう

だからやっぱり「天皇論」の366ページなんですね。
「もしよしりんが直系優先を明言したら、わしは逆賊になる!」
なんですよ。

ω□-□ω
( 皿 )<ええっ!?こややしを敬愛してるんだろ?といえよう

「もちろん!」
「だが個人崇拝はしない!」
なんですね。
よしりんのマンガに大義がなくなったからファンが皆アンチになったというわけ。

DTIブログって?

次のページ