最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

佐藤久成ヴァイオリンリサイタル

  1. 2008/04/13(日) 01:23:05|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
さて田代さんのピアノリサイタルの次は5/6に同じ東京文化会館小ホールでお馴染み佐藤久成さんのヴァイオリンリサイタルがあります。

共演はこれまたお馴染みの干野宜大さんです。

演目は
シューベルト:華麗なるロンド ロ短調 D895(作品70)
ヴィクトル・ヴルース(1876〜1944):ヴァイオリン・ソナタ ロ長調 *日本初演
フバイ:チャルダッシュの情景 第11番 作品82 「柳の枯れた枝」
フバイ:チャルダッシュの情景 第2番 作品13 「私の小さな笛」
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ短調 作品45

初演されるヴルース作品も興味津々ですが
グリーグの大曲も期待できます。
また干野さんがシューベルト弾きだけに「華麗なるロンド」も楽しみ!



田代純子ピアノリサイタル

  1. 2008/04/12(土) 02:49:20|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
来月はもちろんラフォルジュルネの月ですが、5/2の夜7時から東京文化会館で、幻想的な雰囲気を持った閨秀ピアニスト田代純子さんの2年ぶりのピアノリサイタルがあります。

田代さんは本来シューマン弾きですが、今回は予定されていたシューマンを外し、
フォーレ、ショパン、ラフマニノフという豪華ラインナップ!

フォーレ/八つの小品 op.84より「喜び」
同/ヴァルス・カプリース No.1 op.30
ショパン/ポロネーズ op.40-2
同/舟歌

後半のラフマニノフは
前奏曲2曲とコレルリの主題による変奏曲が弾かれます。


2年前は↓こんな感じでした。今回も何かが起こる?

[ 田代純子ピアノリサイタル ] の続きを読む

山和燃ゆる

  1. 2008/04/06(日) 22:14:46|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
◆横浜シンフォニエッタ第1回定期演奏会
 コバケン門下の俊英山田和樹が98年に創設したTOMATOフィルが新装開店。まずは上田真樹への委嘱作品/オーケストラのための「あけぼの」が作曲家臨席の下、初演されたが日本調の鄙びた冒頭からセピア色の思い出がいっぱい。どこかエルガーを連想させる音楽。次は宮本笑里のソロでブルッフ/ヴァイオリン協奏曲ト短調。宮本は外見のイメージとは裏腹に骨太でしっかりした音楽性の持ち主。音量もありマイペースでじっくり育って欲しいタイプだ。
 後半はベートーヴェン/交響曲第7番イ長調。この日は2ndVnとVaが入れ替わった変則対向配置の8型2管編成だったが、元々、本家のだめオケとでもいうべき山田を中心に藝大生が集まって組織されたオケだけに十年を経た現在でも頗るノリ良く、恩師コバケン顔負けの爆演が展開された。当然フィナーレはアタッカで開始されたがアレグレットまでアタッカなのは新機軸かシューマンの4番のように響いた。(4月6日、神奈川県立音楽堂)(浅岡弘和)

奏楽堂の響き2!

  1. 2008/04/02(水) 19:06:52|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
現代音楽のエキスパート西 耕一が「これを聴かずして日本の作曲家は語れない!」と断じる
吹奏楽による奏楽堂の響き第2弾!


18時から上野晃、西 耕一によるプレトーク「日本作曲家の吹奏楽について」あり

DTIブログって?