最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

小林亜矢乃サロンコンサート!

  1. 2007/10/28(日) 00:11:39|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
本日台風の中、下北沢で小林亜矢乃サロンコンサートが開かれました。


演目はオールショパン
バラード第1番と
24の前奏曲全曲
そしてアンコールとしてノクターン遺作でした。

内容充実、ちょっとがっしりしたベートーヴェン風といってもいいような
なよなよした所の全然ない男性的なショパンでした。
それにしても凄い没入ぶりでした。息づかいは荒くなるし
目もあらぬ所を向いて半分別の世界に行っちゃってるような



-->

悲報

  1. 2007/10/24(水) 23:21:23|
  2. レコード&CD|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
諏訪さんに続いて悲しいお知らせです。
イギリスウィンチェスターに滞在中のピアニスト井田久美子さんが10月18日、急性髄膜炎症のため亡くなりました。享年38歳でした。

遺作となったCD「蓮の国」
まさか本当に蓮の花の咲く所に逝ってしまうとは

[ 悲報 ] の続きを読む

干野宜大新作CD発売!

  1. 2007/10/16(火) 01:24:53|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

和製ヴィルトゥオーゾ干野宜大のCD第二弾が発売されます。

アウローラ・クラシカル AUCD-00018

モーツァルト:
 グルックのジングシュピール『メッカの巡礼たち』のアリエッタ「愚民の思うは」による10の変奏曲 ト長調 K.455
ベートーヴェン/ルービンシュタイン編曲:
 トルコ行進曲 〜劇音楽「アテネの廃墟」作品113より
ベートーヴェン:
 バガテル イ短調「エリーゼのために」 WoO.59
 ピアノソナタ 第23番 ヘ短調 作品57 「熱情」
シューマン:
 クライスレリアーナ 作品16

干野さんは12/27にはいよいよ待望のカロリーネ幻想曲を弾きます

ヴッパータールインヨコハマ

  1. 2007/10/14(日) 02:04:10|
  2. コンサート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12
上岡敏之指揮ヴッパータール交響楽団公演
今日はみなとみらいです



前半はまず上岡の弾き振りで
モーツァルト/ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488
三階席から見るとホントにエネルギッシュで忙しく動き回る人です。
モーツァルト自身の演奏もこうだったんじゃないかな?
やっぱり凄い表現力ですねえ。
アダージョの最終段のヴァイオリンはピチカートでしたね。
でも全然淡々としてないし、渋くもないんだけど。
いったいどこがシューリヒトなの?

ω□-□ω
( 皿 )<僕が一旦、シューリヒトの再来と言ったからには、実際がどうだろうと上岡はシューリヒトなのであるといえよう。

後半のブルックナー7はCDと同じく凄いppで始めましたね。
宇野珍の持論ではppじゃ駄目なんじゃ?

ω□-□ω
( 皿 )<困ったもんだといえよう

でも上行音形の後はすぐ大きくなります。
アダージョ第2主題とか美しい部分は多々あるけど
やっぱり遅過ぎますね。両端楽章のコーダはちょっと粗くて不出来でした。

ω□-□ω
( 皿 )<上岡は本来、短距離型の指揮者なのであるといえよう

ブルックナーだと緊張感とか凄絶な響きがあまり出て来なかったです。
その代わりアンコールのローエングリン第1幕への前奏曲は実に見事。絶美の名演でしたね

ω□-□ω
( 皿 )<正に白い魔法といえよう


サイン会です。何とこんなに列が!200人以上?

2時間半を超える演奏会の後、アンコールや一般参賀にも応えた後、1時間以上のサイン会まで!

ω□-□ω
( 皿 )<畏れ入ったタフネスぶりといえよう

DTIブログって?

次のページ